電験3種取得によるメリット、デメリット

電験三種を取得したことで、ビル管理会社に勤務していた頃は、電気主任技術者として書類にハンコを押せるようになりました。


しかし、責任者だからという理由で何かと仕事を押し付けられたような感じがします。
給料についても全く変化はありませんでした。

これは企業にもよると思いますが、こうした企業が多いというのが問題だと思います。
短期的に見れば、資格を取らない方が仕事が少なく、楽をできるというようになってしまいます。
また昇進に関係しているかと言われれば、そうでもない気がします。

以前、飲食業で見なし管理職として店長に長時間労働をさせたというニュースがありましたが、管理職ではないが責任者であるという微妙な立場の電気主任技術者は、こうした みなし管理職のような状態になってしまうのではと考えます。


転職には有利


実際に仕事をしているとそんな状況になるのですが、これが 転職 となると状況はガラッと変わります。
資格をフルに活用して、実績を示すことができます。

私も転職の際には、このために嫌な仕事を頑張ってきたんだと実感できました。
少々大げさですが、やはり神様はいるんだと思えた瞬間でもありました。
頑張って取得しておいてよかったです。


電験三種取得後に目指す資格、エネ管、二種、技術士


話は変わりますが、取得後に目指した方がいい資格には、同じ出題傾向のある エネルギー管理士 の 電気分野 などがあります。
多くの部分が電験の勉強と重複しており、記号選択問題が多いため、比較的取得しやすい資格です。
エネルギー管理士も電気主任技術者と同様、一定の規模以上のビルには専任義務があります。
業務内容は省エネに関する報告書の作成や省エネ機器の導入提案となります。

また、電験二種と同時に目指したいのが 技術士電気部門 です。
技術士は設計分野の国家資格となりますが、電力コンサルティング会社などを目指すような場合には、必須の資格となります。

これらの資格は上位資格となりますが、基礎的な部分を学習できるのが電験三種であると言えます。
電験を足掛かりにして、こうした上位資格を目指してステップアップしていくという事も可能です。


結局、電験三種を取得したほうがいいのか?


電験三種を取得したことで仕事は増えます。それを嫌がってわざと取得しないという人も実際にはいました。

しかし、それはもったいない事だと感じます。
せっかく誰でも受験することができて、実際にその仕事に就いているのであれば、挑戦して損はないのかなと思います。

資格がなくても仕事はできる場合が多いですが、何かのきっかけの時に伝家の宝刀のように ぱっと出せるのが国家資格と言えるでしょう。



関連記事